物流事業部・部品事業部・派遣事業部と多岐に渡る事業部構成で関西の物流、大手への部品納入、企業を支える人材派遣の会社、株式会社コーヨー

事業内容
コーヨーの強み
  1. 一貫したサービス
  2. 提案力
  3. 管理体制

Logistics Division
物流事業部

物流事業部インタビュー
野田さん
野田
強み
ズバリ!「物流事業部に所属している人材」です。
弊社では、昨年度から本格的に始まった部署で、会社としても全面的に協力してくれ部署のすべての人材が一丸となって地盤を築いているところです。
一言で物流と言っても物を左から右へ移すだけでなく、それに関わる「コスト」「保管場所」等の改善も、物流の仕事の範疇に含まれており、やりがいと責任は事業部の全員が感じ、日々の業務にあたっていただいております。
「目の前のお客様と見えないお客様に喜んでもらえる仕事」それが、コーヨー物流事業部の業務になります。
業務内容
包装、輸送、保管、荷役、流通加工、及びそれらに関する情報の収集を主な業務としている。
目的である「顧客へ商品を届ける」を安全に無駄なく迅速に執り行う部署になります。
また、包装、保管等に関してのコストの見直し、現場の改善等も重要な業務の1つになります。
苦労、苦悩したこと
今後の目標(展望)

Parts Division
部品事業部

部品事業部インタビュー
春木さん
春木
入社のきっかけ
(株)シマノ様、(株)クボタ様といった堺市でトップクラスの企業との取引があったのが大きなきっかけとなりました。
また、面接の際に、直接社長お会いでき、その人柄に魅力を感じたこともきかっけとなっています。
業務内容
(株)シマノ自転車部品、リール部品の検品・加工
やりがい
直接、取引先の(株)シマノ様と作業内容について、詳細の打ち合わせができ、弊社として作業内容の提案もできます。
また独立採算制をとっているので、各々の事業部内で売り上げ目標を設定し、自分たちで目標に対しての戦略を考えて行動することが求められます。
行動の結果が、数字を通してはっきりわかるところに、おもしろさとやりがいを感じています。
苦労、苦悩したこと
入社当初に関しては、作業手順などのマニュアルの整備が進んでいなかったため、作業の仕方に戸惑うことが多くありました。
また、多様化する顧客ニーズにスピード感を持って応えていくことに困惑したこともありました。
今後の目標(展望)
既存のお客様に対し、より一層コミュニケーションを深めていき、自社の強みをしっかりお伝えしていくことで、新規の仕事の声掛けを頂けるように、精進していきます。
また、事業部内のスタッフのコミュニケーションについても、更に深めていくことで、社内教育を活発にし、作業スタッフの多能工化を進め、事業の拡大につなげていきます。

Dispatch Division
派遣事業部

派遣事業部インタビュー
阿波さん
阿波
入社のきっかけ
当時は製造業に興味があり、応募に至る。中小企業で活躍したいという気持ちも強く持っていました。
面接時に社長より、「任せたことがたくさんある!」と言われたことが、「ヨシッ!やろう!」と決心に至った一番大きなきっかけとなります。
派遣事業部に関しては、入社2年後に発足し、担当となる。
業務内容
  1. クライアント企業への定期訪問、フォロー連絡等のヒアリングを通じてのニーズキャッチ
  2. 新規クライアントの開拓をし、就業機会の確保と事業拡大
  3. クライアントと派遣スタッフのマッチング
  4. 専門性のある人材の発掘と既存スタッフへの教育
やりがい
人との関わり合いの中で、成長していくことができます。
機械を動かすのも、操作するのも、顧客の応対、スタッフの対応、すべてが自分自身の手で行います。人間的成長なくして、それ以上はありません。
人材教育に力を入れている弊社では、仕事の目標に対しての達成はもちろんのこと、仕事を通じて自己の成長を感じられることが、一番の醍醐味です。
苦労、苦悩したこと
人はまさに生き物で、繊細なものであります。 十人十色といわれるように、お客様をはじめ、個々の派遣スタッフの方に合わせた対応が求められます。
入社間もない間は、自信も当然なく、腫物に触るような、仕事をしていました。
しかし、多くの失敗を糧に、諦めずにやり抜くことで、徐々に自信がついていきました。
今後の目標(展望)
派遣事業として、顧客ニーズによりタイムリーにお応えしていくことを大きなミッションと捉えています。
人材不足が叫ばれる今の時代、このミッションを実現していく為には、やはり、派遣スタッフの方の満足度にフォーカスを当て、環境改善・良好なコミュニケーション、各種レクリエーションなどを通じ、さらに定着率を上げていきます。
そして、人材育成を通じて、会社全体としてのコーヨーの風土づくりにも力を入れていきます。